研究室について研究業績

2019年度

学術論文

  1. 坂田翔哉,徳永仁,緒方賢次,瀬戸口奈央,髙村徳人,薬について学ぶことができる「おくすりかるた」の作成とそのアンケートから見えてきた課題,九州薬学会雑誌,73,2019.

学会発表

  1. 徳永仁,坂田翔哉,町頭千里,中嶋梓,緒方賢次,瀬戸口奈央,髙村徳人,改訂薬学教育モデル・コアカリキュラムに準拠した代表的8疾患の体験を可能にする薬学シミュレーション教材の開発,第29回日本医療薬学会年会,2019.11.2-4,福岡.
  2. 徳永仁,坂田翔哉,中嶋梓,町頭千里,緒方賢次,瀬戸口奈央,髙村徳人,高機能患者シミュレータを使用した薬学教育モデル・コアカリキュラム代表的8疾患からのオリジナルシナリオ作成(第3報),第52回日本薬剤師会学術大会,2019.10.13-14,下関.
  3. 徳永仁,米山誠哉,坂田翔哉,中嶋梓,町頭千里,緒方賢次,瀬戸口奈央,髙村徳人,薬学教育モデル・コアカリキュラムに準拠した代表的8疾患に関するシミュレーション教材の開発,第7回日本シミュレーション医療教育学会学術大会,2019.9.21,東京.
  4. 徳永仁,坂田翔哉,緒方賢次,瀬戸口奈央,髙村徳人,コミュニケーションツール「紙芝居風おくすりかるた」の制作(優秀演題賞受賞),第12回日本在宅薬学会学術大会,2019.7.14-15,名古屋.
  5. 坂田翔哉,徳永仁,町頭千里,中嶋梓,緒方賢次,瀬戸口奈央,髙村徳人,薬について学ぶことができる「おくすりかるた」の作成とそのアンケートから見えてきた課題,医療薬学フォーラム2019/第27回クリニカルファーマシーシンポジウム,2019.7.13-14,広島.
  6. 中嶋梓,徳永仁,坂田翔哉,町頭千里,緒方賢次,瀬戸口奈央,髙村徳人,高機能患者シミュレータを使用した薬学教育モデル・コアカリキュラム代表的8疾患からのオリジナルシナリオ作成(第2報),医療薬学フォーラム2019/第27回クリニカルファーマシーシンポジウム,2019.7.13-14,広島.
  7. 徳永仁,町頭千里,坂田翔哉,中嶋梓,緒方賢次,瀬戸口奈央,髙村徳人,高機能患者シミュレータを使用した薬学教育モデル・コアカリキュラム代表的8疾患からのシナリオ作成,第2回日本臨床薬剤師シミュレーション研究会,2019.6.15,岡山.

シンポジウム

  1. 徳永仁,薬効および副作用の確認を可能にする薬学シミュレーション教育,2019 Nation SUN in Shiga,2019.8.31-9.1,滋賀.

ワークショップ

  1. 徳永仁,薬効および副作用の確認を可能にする薬学シミュレーション教育(3日目),第29回日本医療薬学会年会日本薬科機器協会新技術・新製品セミナー/ワークショップ,2019.11.4,博多.
  2. 徳永仁, 薬効および副作用の確認を可能にする薬学シミュレーション教育(2日目),第29回日本医療薬学会年会日本薬科機器協会新技術・新製品セミナー/ワークショップ,2019.11.3,博多.
  3. 徳永仁,薬効および副作用の確認を可能にする薬学シミュレーション教育(1日目),第29回日本医療薬学会年会日本薬科機器協会新技術・新製品セミナー/ワークショップ,2019.11.2,博多.

講演

  1. 徳永仁:薬剤師に必要なフィジカルアセスメントスキル,サティスファーマ社内研修会,2019.9.8,鹿児島.
  2. 徳永仁:薬剤師に必要なフィジカルアセスメントスキル,トラストファーマシー社内研修会,2019.7.7,東京.
  3. 徳永仁,手嶋無限,中嶋幹郎:学会発表に向けたワークショップ(2回目),日本在宅薬学会,2019.4.7,東京.

記事

  1. 徳永仁:医中誌Webサービスについて,在宅薬学,6(1),30-34,2019.

メディア

  1. 徳永仁:MRTもぎたてラジオ「みんなの防災」,災害時医療(災害時に備えての薬剤師活動)第6回,2019.5.24.
  2. 徳永仁:MRTもぎたてラジオ「みんなの防災」,災害時医療(東日本大震災と熊本地震での薬剤師活動)第5回,2019.5.10.

インターネット配信

  1. 徳永仁:“高機能患者シミュレータ(シムマン3G)を使用したコアカリ提示代表的8疾患シナリオプログラム”,九州保健福祉大学薬学部薬学科臨床薬学シミュレーション研究室ホームページ,https://simlab.phoenix.ac.jp/info/20190918627/(2019.9.18より公開)
  2. 徳永仁:“改訂版紙芝居風おくすりかるた”,九州保健福祉大学薬学部薬学科臨床薬学シミュレーション研究室ホームページ,https://simlab.phoenix.ac.jp/info/20190918627/(2019.9.18より公開)
  3. 徳永仁:“改訂版おくすりかるた”,九州保健福祉大学薬学部薬学科臨床薬学シミュレーション研究室ホームページ,https://simlab.phoenix.ac.jp/info/20190918633/(2019.9.18より公開)

査読

  1. 徳永仁:日薬雑誌,1編(2019年8月)
  2. 徳永仁:薬学教育,1編(2019年6月)
  3. 徳永仁:医療薬学,1編(2019年6月)
  4. 徳永仁:医療薬学,1編(2019年4月)

その他

  1. 徳永仁:第13回日本在宅薬学会学術大会組織委員,長崎.
  2. 徳永仁:平成31年度・令和元年度日本在宅薬学会総務委員・副編集委員長
  3. 徳永仁:平成31年度・令和元年度日本医療薬学会代議員

2018年度

学術論文

  1. 徳永仁,杉本有紀,井上亜耶,猿川寛大,緒方賢次,瀬戸口奈央,髙村徳人:患者シミュレータを活用するためのWebフィジカルアセスメント教室の開設,日本シミュレーション医療教育学会雑誌,6,85-91,2018.

学会発表

  1. 徳永仁,興梠靖幸,本松梓,児玉千晶,中良弘,甲斐晃弘,緒方賢次,瀬戸口奈央,髙村徳人,視覚や質問から薬剤師がフィジカルアセスメントを行うための検索サイトの作成,第134回日本薬学会年会,2019.3.21-23,幕張.
  2. 髙村徳人,石井紗綾,尾﨑峯生,徳永仁,緒方賢次,瀬戸口奈央,大崎卓,池田龍二,有森和彦,眼房水中の微環境の差異を考慮したジクロフェナク点眼薬の効果的な投与法,第134回日本薬学会年会,2019.3.21-23,幕張.
  3. 瀬戸口奈央,髙村徳人,緒方賢次,徳永仁,小川修,血液透析患者における尿毒症物質の透析率の変化,第134回日本薬学会年会,2019.3.21-23,幕張.
  4. 徳永仁,シミュレーション教育の効果や取組み,第28回日本医療薬学会年会(シミュレーション教育ワークショップ内),2018.11.23,神戸.
  5. 瀬戸口奈央,廣瀬七海,中野早緒里,緒方賢次,徳永仁,髙村徳人,HSAサイトプローブを用いたお茶製品の品質評価,第79回九州山口薬学大会,2018.11.3-4,別府.
  6. 髙村徳人,石井紗綾,尾﨑峯生,徳永仁,緒方賢次,瀬戸口奈央,大崎卓,池田龍二,有森和彦,ジクロフェナク点眼薬の眼房水中アルブミンへの結合に対する内因性物質の影響と効果的な投与法,第79回九州山口薬学大会,2018.11.3-4,別府.
  7. 徳永仁,本松梓,児玉千晶,高橋俊輔,南慶,緒方賢次,瀬戸口奈央,髙村徳人,薬剤師が体験した副作用に関する情報共有およびフィジカルアセスメント技術向上のための無料eラーニング教材の開発,第79回九州山口薬学大会,2018.11.3-4,別府.
  8. 徳永仁,児玉千晶,本松梓,高橋俊輔,南慶,緒方賢次,瀬戸口奈央,髙村徳人,薬剤師が体験した副作用に関する情報共有システムおよびフィジカルアセスメント技術向上のための症例体験システムの開発,第51回日本薬剤師会学術大会,2018.9.23-24,金沢.
  9. 徳永仁,児玉千晶,本松梓,緒方賢次,瀬戸口奈央,中良弘,髙村徳人,視覚や質問から推察可能な薬剤師のためのフィジカルアセスメントデータベースの作成,第11回日本在宅薬学会学術大会,2018.7.15-16,大阪.

シンポジウム

  1. 徳永仁,フィジカルアセスメントに関する取り組み,平成30年度日本社会薬学会九州支部会,2018.9.9,熊本.

講演

  1. 徳永仁,薬学への招待~薬剤師になろう~,宮崎日本大学高等学校 高校内進路ガイダンス,2019.3.12,宮崎.
  2. 徳永仁,髙村徳人,緒方賢次:フィジカルアセスメント&無菌操作研修,延岡市西臼杵郡薬剤師会,2019.2.17,延岡.
  3. >徳永仁,手嶋無限,中嶋幹郎:学会発表に向けたワークショップ(1回目),日本在宅薬学会,2019.2.11,東京.
  4. 徳永仁,手嶋無限,中嶋幹郎:学会発表に向けたワークショップ(2回目),日本在宅薬学会,2018.12.23,博多.
  5. 徳永仁:シミュレータを使用したフィジカルアセスメント研修会,e薬局調剤研究会,2018.12.16,神戸.
  6. 徳永仁:シミュレーション教育ワークショップ(機器説明+デモンストレーション),第28回日本医療薬学会年会,2018.11.23,神戸.
  7. 徳永仁 他:PhDLS机上シミュレーション,平成30年度宮崎県薬剤師会PhDLSプロバイダー研修会,2018.10.28,宮崎.
  8. 徳永仁,手嶋無限,中嶋幹郎:学会発表に向けたワークショップ(1回目),日本在宅薬学会,2018.10.14,博多.
  9. 徳永仁:災害薬事活動(PhDLS)について,九州保健福祉大学衛生委員会,2018.7.12,延岡.
  10. 徳永仁,緒方賢次,瀬戸口奈央,髙村徳人:シミュレータを使用したフィジカルアセスメントにチャレンジ-アセスメント能力向上のための症例体験および副作用情報の共有-,医療薬学フォーラム2018/第26回クリニカルファーマシーシンポジウム,2018.6.23-24,東京.
  11.  徳永仁,髙村徳人:シミュレータを使用したフィジカルアセスメント研修会,大分地区国立病院薬剤師会,2018年5月27日,延岡.
  12. 徳永仁,心肺蘇生法を体験しよう~蘇生人形で実際にチャレンジ!~,平成30年度のべおか市民大学院,2018.5.26,延岡.
  13. 徳永仁,手嶋無限,中嶋幹郎:学会発表に向けたワークショップ(2回目),日本在宅薬学会,2018.4.8,大阪.

競争的資金

  1. 徳永仁(代表),髙村徳人,佐藤圭創,緒方賢次,瀬戸口奈央(分担):平成28-30年度科学研究費基盤研究(C),副作用情報の共有及びフィジカルアセスメントの技術向上の為の症例体験システムの構築(研究課題番号:16K08430).
  2. 髙村徳人(代表),徳永仁,緒方賢次(分担):平成28-30年度科学研究費基盤研究(C),眼疾患患者の微量な眼房水のミクロ環境を推察するための簡易型診断法の開発(研究課題番号:16K08432).
  3. 瀬戸口奈央(代表),徳永仁,小川修(共同):平成30年度研究経費助成,血液透析患者における尿毒症物質の透析率の変化.

特許

  1. 川井恵一,髙村徳人(特許権者・発明者),緒方賢次,徳永仁(発明者):尿検査方法及び尿検査用キット,特許第5828507号.

記事

  1. 徳永仁:薬学生が「おくすりかるた」制作 九州保健福祉大 楽しみながら薬の知識学ぶ,薬事日報,2019.3.4.
  2. 徳永仁:楽しみながら薬について学ぶ 「おくすりかるた」を制作,薬学生新聞,2019.3.1.
  3. 徳永仁:かるたで学ぶ薬の知識,宮崎日日新聞,2019.2.7.
  4. 徳永仁:かるたで学ぶ薬の知識 坂田さん(九保大)制作,m3.com医療ニュース,https://www.m3.com/news/general/658272,2019.2.7.
  5. 徳永仁:「おくすりかるた」楽しく学んで 九保大生が制作,デジタル夕刊プレみや,https://pre-miya.com/today/18502.html,2019.2.6.
  6. 徳永仁:おくすりかるた九保大薬学部生坂田翔哉さんが制作,夕刊デイリー,2019.1.28.
  7. 髙村徳人,徳永仁:「薬術」を究める上でシミュレーション教育は欠かせない,Laerdal Medical JAPAN User Report.

メディア

  1. 徳永仁:MRTもぎたてラジオ「みんなの防災」,薬の知識(お薬の飲み忘れ)第4回,2018.12.7.
  2. 徳永仁:MRTもぎたてラジオ「みんなの防災」,災害と医療(薬の知識)第3回,2018.10.26.

インターネット配信

  1. 徳永仁:“紙芝居風おくすりかるた”,九州保健福祉大学薬学部薬学科臨床薬学シミュレーション研究室ホームページ,https://simlab.phoenix.ac.jp/info/20190220377/(2019.2.20より公開)
  2. 徳永仁:“おくすりかるた”,九州保健福祉大学薬学部薬学科臨床薬学シミュレーション研究室ホームページ,https://simlab.phoenix.ac.jp/info/20181221301/(2018.12.21より公開)
  3. 徳永仁:“学会発表のための基本スキル2”,日本在宅薬学会e-ラーニング,https://jahcp.org/elassist/member/member_top.php(2018.12.1より公開)
  4. 徳永仁:“学会発表のための基本スキル1”,日本在宅薬学会e-ラーニング,https://jahcp.org/elassist/member/member_top.php(2018.12.1より公開)
  5. 徳永仁:「症例情報公開(実際に薬剤師が体験した症例,フィジカルアセスメントデータベース)」「eラーニング(バーチャルフィジカルアセスメント,フィジコのフィジカルアセスメント教室)」「動画教材(わかる!できる!フィジカルアセスメント,バーチャルフィジカルアセスメント基礎学習,救急ケアシミュレータ(スタン)を用いた薬物投与・病態変化シミュレーション)」「ダウンロード(視覚や質問から推察可能な薬剤師のためのフィジカルアセスメントデータベースの作成,疾患別の副作用を横断的に検索可能にする副作用データベースの作成,救急ケアシミュレータ(スタン)を用いた薬物投与・病態変化シミュレーションプログラム,おくすりかるた,紙芝居風おくすりかるた)」,九州保健福祉大学薬学部薬学科臨床薬学シミュレーション研究室ホームページ,https://simlab.phoenix.ac.jp/(2018.9.10より公開)

査読

  1. 徳永仁:医療薬学,1編(2019年1月)
  2. 徳永仁:薬学雑誌,1編(2018年4月)

その他

  1. 徳永仁:平成31年度薬物療法専門薬剤師・認定薬剤師認定試験問題作問「薬物療法」担当,2019.2.4.
  2. 徳永仁:第11回日本在宅薬学会学術大会査読委員,2018.7.15-16,大阪.
  3. 徳永仁:医療薬学フォーラム2018・第26回クリニカルファーマシーシンポジウム実行委員,2018.3.1-6/30,東京.
  4. 徳永仁:平成30年度日本在宅薬学会総務委員・編集委員
  5. 徳永仁:平成30年度日本医療薬学会代議員

2017年度~

2017年度以前のものは九州保健福祉大学の研究業績一覧をご覧ください。

徳永 仁 (研究業績一覧)