症例情報公開フィジカルアセスメントデータベース

これまでに我々は、シミュレータやeラーニング教材を活用して、フィジカルアセスメントに関する基本的知識やスキルについて教授してきました。しかしながら、学習内容はバイタルサイン、聴診音や非侵襲的医療機器などから得られた数値が中心となっており、患者応対時に重要となる視覚からのアセスメントや質問に対する回答からのアセスメントなどは多くを扱ってこなかったように思います。そこで、視覚や質問から推察可能なフィジカルアセスメントをスムーズに実施するためにデータベースを作成し、薬剤師や薬学生が利用できるようにしました。検索項目としては「部位」「程度・症状・部位別」「具体的症状」から「対象疾患・副作用」と「解説・説明」を絞っていきます。